クリーミー仕上げ 甘酒むちゃン

甘酒むちゃンのレビュー

先日スーパーで、めちゃくちゃインパクトあるパッケージの甘酒を見つけました。

いや、初見ではこれが甘酒って気が付けないですよね?
「甘酒」ってめちゃくちゃ大きく書いてありますけど、甘酒って気づけないですよね?

私最初、キムチかなって思いました(笑)

でも中身はトロットロのソースみたいな濃厚甘酒なんですよ。

スポンサーリンク

クリーミー仕上げ甘酒 むちゃンの名前の意味

まずパッケージもすごいですけど。「むちゃン」って名前もよくわかりません。
何?「むちゃン」って。

公式のホームページを見てみましたが、むちゃンという名前についてはノータッチです。
公式ホームページクリーミー仕上げ甘酒むちゃン|ブンセン株式会社

よく見たら、こちらブンセンさんの商品ではないですか!
ブンセンは兵庫県たつの市にあります食品メーカーさんなのですが、おもしろい名前の加工食品をたくさん作っているメーカーさんなんです。

塩っぺ(塩昆布)」とか「アラ!(海苔の佃煮)」などが有名ですが、私にとっては馴染みが深すぎて、変わったネーミングであることを忘れていました。冷静になるとだいぶ変わってますよね。

そんなブンセンさんですから、甘酒だって「むちゃン」でいいんです。
むちゃンの意味は結局よくわからないですが、ブンセンさんならそれでいい気がしてきました。

甘酒むちゃンのパッケージデザイン

甘酒むちゃンはパウチです。
口つきのパウチなので、注ぎやすく使いやすいですね。

甘酒むちゃンのレビュー 口つきパウチ

パッケージのレトロなお姉さんが目について仕方ないですが、便利なパッケージです。

甘酒むちゃンのレビュー レトロな女性

冷蔵庫の中でコンパクトになっていいですし、捨てやすいのもいいですよね。

甘酒むちゃンは濃縮タイプ

甘酒むちゃンは、クリーミーな濃縮タイプの甘酒です。

甘酒むちゃンのレビュー トロッとしててソースみたい

トロッと粘度も高く、そのままソースのようにして使うこともできます。

ヨーグルトやコーヒーなんかに入れてもおいしいそうですよ。

甘酒むちゃンのレビュー アレンジ

濃縮されているので調味料としても活躍してくれそうですよね。
お肉やお魚を漬け込んでも良さそう。酵素の力で柔らかくなりそうです。

個人的には上記アレンジ方法の「甘酒鍋」が気になりました!
粕汁みたいな感じだけど、アルコールが苦手な方にも受け入れやすいんじゃないでしょうか。体もすごく温まりそうです。

甘酒むちゃンの味の感想

薄める前はこんなにトロットロで粘度も高いです。

甘酒むちゃンのレビュー 粘度

なんというか、溶いた白みそみたいです。

そのままいただけないことはないのですが、やはり飲むのであれば薄めましょう。
薄めないと「飲む」というより「食べる」になります。

甘酒むちゃンのレビュー 二倍に薄めて飲む

上記で2倍に水で薄めたところです。
これだけ薄めても十分甘みがあります。

しつこい甘さではなく、お米の甘さが際立っていてナチュラルな風味です。

むちゃンの原料は米とこうじと塩だけです。
お塩はほとんど感じない程度ですよ。原料はごくごくシンプルです。

濃さは好みですね。
季節や温度に合わせて変えてみてもいいかも。

私は2倍よりも少し濃いめにして飲むのが好きです。

クリーミー仕上げ 甘酒むちゃンの商品詳細

  • 容量:300ml
  • 名称:あま酒
  • アルコール:ノンアルコール
  • 原料:米(国産)、こうじ、食塩
  • 栄養成分表示(100gあたり):エネルギー147kg、たんぱく質2.5g、脂質0.4g、炭水化物31.9g、食塩相当量0.0g
  • 販売者:ブンセン株式会社
  • 購入場所:スーパー
タイトルとURLをコピーしました